俵藤太物語

(日本文学大系「お伽草子」による。振り仮名省略。入力:菊池真一)
俵藤太物語

   上

 朱雀院の御時に、俵藤太秀郷と申して名高き勇士侍り。此の人は昔大職冠鎌足の大臣の御裔、安部の左大臣魚名公より五代の孫、従五位の上村雄朝臣の嫡男也。村雄朝臣田原の里に住しけり。然るに秀郷十四歳に成りしかば、初冠をさせて其の名を田原藤太とぞよばれけり。若輩の比より朝家に召され、宮仕へし侍ること年久し。或時秀郷父の許に行きければ、村雄朝臣いつよりも心よげにて秀郷に対面し、御酒を様々に羞めて申されけるは、「人の親の身として、我が子をいみじく申す事は、嗚呼がましくや侍らむ、さりながら御事は世の人の子に勝れて、行儀礼配ゆゝしく見え給ふものかな、如何様に御事は、先祖の誉れを継ぎ給ふべき人とこそ見れ、それにつき我が家に鎌足の大臣より相伝し来りし霊剣あり、我老耄の身として、従へ持つべきに侍らじ、只今御辺に譲り侍るべし、此の剣を持つて高名を極め給へ。」とて、三尺余りに見えたる金作りの太刀を取出して、秀郷の前に差置かれければ、秀郷此の由承り、余りの事の嬉しさに、三度戴き謹んで退出す。されば此の剣を相伝して後は愈心も勇み、何事も思ふ儘なり。打物取つても、弓を引くにも、肩を並ぶべき輩もなし。君の御為忠孝を励ます事甚だしければ、下野の国に恩賞を賜はつて、罷り下るべきにぞ定りけるこそ難有けれ。然るに其の比近江の国勢多の橋には、大蛇の横はり臥せりて、上下の貴賤行き悩むことあり。秀郷怪しく思ひて行きて見れば、誠に其の丈二十丈もや有るらむと思しき大蛇の橋の上に横はり臥せり。二つの眼の耀ける様は、天に日の並び給ふが如し。十二の角の鋭利なろ事は、冬枯の森の梢に異ならず。鉄の牙上下に生ひ違ひたる中より、紅の舌を振出しけるは、焔を吐くかと怪しまる。もし世の常の人見るならば、肝魂も失ひ、其の儘倒れぬべけれども、元来秀郷は大剛の男子なれば、少しも憚らず、彼の大蛇の背をむず/\と掴むで彼方へ通りけり。
 されども大蛇は、敢て驚く気色も無し。秀郷も後を顧みず、遥かに行き隔たりぬ。それより東海道に赴き、日も西山に入りぬれば、或宿の出居に宿られける。既に其の夜も更け行く儘に、夢も結ばぬ仮寝の枕傾けむとし給ふ所に、宿の主の申す様、「誰人にやらむ、旅人に対面申さむと申して、怪しげなる女房一人、門の辺に佇みておはします。」と申す。秀郷聞きて、「あら思ひ寄らずや、そも何処の人にてましませば、我に見参せむとは宣ふぞ、更にこそ心得ね、さりながら思召す仔細のましませばこそ、これまで御出であれ尋ね給ふべき事あらば此方へ入らせ給へ。」と有りければ、主彼の女性に斯くと申す時に、女性言ふやうは、「いや/\是は苦しからず都の方の者なるが、此処にて聊か申し入るべき事有り、恐れながら是まで御出であれかし。」と申す。去る程に秀郷辞退するに及ばねば、居たる所を突立つて門外に出て見てあれば、二十余りの女性只一人佇み居たり。その形貌を見るに容顔美麗にして辺も耀く程なり。髪のかゝり麗はしう、さながら此の世の人とは思はれず怪しさは限りなし。面はゆげにて、「日頃物申したりとも覚えぬ人の、夜更けて殊更尋ね給ふこそ覚束無く候へども。」と申されければ、彼の女房藤太か側に差寄り、小声に申す様、「誠に妾を見知り給はぬこそ道理なれ、我はこれ世の常の人にあらず、今日しも勢多の唐橋にて見え申せし大蛇の、変化したる女なり。」とぞ申しける。藤太此の由聞きて、さればこそと思ひ、「扠如何なる事の仔細にか、変化して来り給ふ。」と申されければ、女房申すやう、「日比は定めて聞召し及び給ふべし、妾は近江の湖に住むなり、昔久方の天の道開けあらがねの土固まりて、この秋津洲の国定まりし時より、かの湖水に居を占め、七度まで桑原となりしにも、形貌を人に見せず、然る所に人皇四十四代に当つて、元正天皇と申す帝の御時に、日本第二のゐんこの神、彼の湖水の辺三上の嶽に天降らせ袷ふ、それよりをちつかた、かの山に百足といふもの出で来て、野山の獣、江河の鱗を貪る事年久し、これに妾が類度々彼に服せられ、三熱の苦しみの上に、愁歎の涙乾くひまなし、如何にもしてこの敵を亡ぼし、安全の古へに為さばやと許り、事を廻らすと雖も、妾が類としてたやすく平らげむ事叶ひ難し、若し人間に然るべき器量の人ましまさば、因み縁りて頼み侍らばやと思ひ、勢多の橋に横はつて往来の人を窺ふに、遂に近辺へ近づく者もなし。斯かる処に今日の御辺の御振舞誠に堪へ難き御心根かな、此の上はかの敵を亡ぼさむ人は御身に限りて有るべからすと、頼み申して来りたり、我が国の安危は御言葉によるべし。」とて、誠に余儀無き有様なり。
 藤太此の由を熟々と聞き侍りて、扠も難儀の事かな、世の常ならぬ物の頼みて来りしを違変するも臆けり、叉大事を仕損じたらむは、先祖の名折末代の恥辱なるべし。さりながら我が頼む神の恵みのましませばこそ、日本六十余州に抽んでて我を目当てて来るらめ、就中龍宮と和国とは金胎両部の国なれば、天照大神も本地を大日の尊像にかくし、垂跡を蒼海の龍神に現はし給へりと承り及ぶ時は、異議に及ぶまじ。と思ひ定めければ、「時刻を廻らさず今夜の中に罷りて、かの敵を亡ぼし侍るべし。」と申しければ、女房斜に悦びて掻消すやうに失せにけり。さるほどに藤太は約束の時を違へじと、重代の太刀を佩き、一生身を離たず持ちたりし重籐の弓の五人張ありけるに関弦かけて挟み、十五束三伏ある三年竹の大矢の、鏃半過ぎたるを三筋手挟んで、勢多をさして急ぎけり。湖水の汀に打臨みて三上の山を眺むれば、稲光すること頻りなり。さればこそ件の化物来るにこそと守り居ける所に、暫く有つて雨風夥しくする程に、比良の高嶺の方よりも、松明二三千余り焚き上げて三上の動く如くに動揺して来る事あり。山を動かし谷を響かす音は、百干万の雷もかくやらむ、恐ろしなんどは計りなし。されども藤太は少しも騒がず、龍宮の敵といふはこれならむと思ひ定めて件の弓矢を差加へ、化物の近づくを待つ程に、矢頃にもなりしかば、飽くまで引き、眉間の真中と思しき所を射たりしに、その手応へ鉄の板などを射るやうに聞えて、筈を返して立たざりければ、安からず思ひて、又二の矢を取つて番ひ、折れし矢壺を心掛け、忘るゝ許り引絞りて射たりけるが、此の矢も又踊り返つて、身には少しも立たざりけり。只三筋持つたる矢を二筋は射損じたり。頼む処は只一筋、これを射損じては如何せむと、とり/゛\に思ひ廻らしつゝ、此の度の鏃には唾を吐き掛け打番ひ、南無八幡大菩薩と心中に祈念して、又同じ矢壺と心掛け、よつぴいてひようと放ちければ、手応へしてはたと中ると覚えしより、二三千見えつる松明一度にばつと消え、百千万の雷の音も鳴り止みけり。扠は化物は滅したる事疑ひなしと思ひ、下部共に松明点させ、化物をよく/\見れば紛ふべくもなき百足なり。二三千の松明と見えしは足にてやあるらむ頭は牛鬼の如くにて其の形大なる事譬へむ方もなし。件の矢は眉間の只中を通つて喉の下まで抜け通りけり。急所なれば理と言ひながら、斯程の大きなる化物一筋通る矢に痛み滅びける弓勢の程こそゆゝしけれ。さる程に初め二筋の矢は鉄を射る如くにて立たず、後の矢の通りし事は唾を鏃に塗りたる故なり。唾は総じて百足の毒なればなり。日比勢ひを振ひし物なれば、尚も仇をなす事もやとて、件の百足をばずた/\に切り捨て、湖水にこそは流されたれ。藤太は宿所に帰り給ひけり。明の夜又夕べの女性来りけり。此の度すぐに出居まで入りて、「藤太殿に見参せむ。」と言ふ。藤太やがて出で会ひ対面しければ、女房うらやかなる声にて、「扠々貴方の勇力に日比の敵を平らげ、安全の代となし給ふこそ返す/\も神妙なり、悦び身に余りて侍れば恩を報ずるに物なし、せめては私に持つ所の物にても、先づ/\進らせむと思ひて来りたり。」とて、藤太が前に据ゑ並べたる物を見れば、巻絹二つ、首結うたる俵、赤銅の鍋一つぞ候へける。田原藤太は此の由を見るよりも、「誠に難有き御志かな、然れば今度の御事はみやうの方便によつて高名を極め候へば、御身の悦びは申すに及ばず、我等の家の面目何事かこれに若かむや、其の上斯様に御宝物賜はり候事、悦びの中の悦びにて侍る。」と色代して申されければ、さて女房も心よげにて、「さらば先づ今宵は帰り侍るべし、返す/゛\も今度の悦び、我が身一人に比へ難し、千万人の為に宜しければ、重ねて其の徳を報じ申さむ。」とて、女房は何地ともなく帰りけり。秀郷件の女房に得たりし巻絹を取出し衣裳に仕立たる処に、裁てども/\尽きず。又米の俵を開きつゝ米を取出すに、これも遂に尽きざり。さてこそ藤太をば俵藤太とは申しけり。さて又鍋の内には思ふ儘の食物沸き出でけるこそ不思議なれ。藤太は猶も奇特を見る事もこそと思ひて待つ処に、案の如く月明き夜の更け方に、件の女性訪れ給ふ。藤太急ぎ立出でて、中門へ請じつゝ、其の有様を見てあれば、美麗なること前の姿には様かはれり。伝へ承る、天竺の耶輸陀羅女、唐の西施、李夫人と申すとも、これにはいかでか及び給ふべければ、只喜見城の天女の天降り給ふかと、初めて驚く計りなり。扠も龍女宣ふ様は、「最前に申し如く、年比の大敵をたやすく亡ぼし給へる事、吾等が一門眷族共に悦び侍ると雖も、数多の物の悉くこれまで現はれ来りて、御恩を報じ申さむ事、いと易き様にて障りあり、されば恐れ多き事なりといへども、君を我が故郷に具し参らせばやとの願ひにて、これまで妾は御迎への為に参りたり。とてもの芳志を蒙りし上は、御心を置かせ給ふまじ、疾く/\御出であれかし。」と申しければ、藤太此の由承り、「これ程に大切に侍るなれば、よも我が身の為は悪しからじ。」と思ひて、彼の龍女と打連れ龍宮へと急ぎけり。
 さる程に龍女は俵藤太を伴ひ、漫々として涯もなき湖水の中に入りにけり。ちよかと見れども底もなく涯も見えぬ海底の、煙の波を凌げば、雲の浪静かならず、雲の波を分け行けば水輪際も極まりぬ。水輪際を打過ぎて金輪際に及べば、風輪際に近くなり、風輪際をも過ぎしかば、浮世の中と思しき国に出でにけり。これなむ我が住む所と言ふにつけて見れば五じやう峙ち、七宝の宮殿黄金の楼門赫き渡れり。龍王の眷属、異類の異形の鱗は役々に従つて楼門楼閣に徘徊す。我か日域の帝城禁門警固の衛士に異ならず。藤太を伴ひし龍女の門に入らせ給へば、諸々の龍神は頭を傾け礼をなす。門より内には種々の樹木花咲き開けて、一々の花の中よりも七宝の果実満ちたる、極楽世界もかくやらむ。さて楼門を打過ぎて歩む足も香しき玉の階攀ぢ登れば、紫宸殿と思しくて、数千間に造り磨ける宮殿あり。庭には瑠璃の砂、真珠の砂、際もなく撒き満てり。黄金の柱、玉の鐺、七宝の欄干玉の甃温かなり。御殿の綺麗さは、荘厳は目に見る事は申すに及ばず、曾て耳にも聞き及ばず。龍女藤太の袖を控へ、神殿の真中に玉の曲●(「碌」の右側。補助漢字 区点=2888 16進=3C78)を構へて、是へと言うて据ゑ置かる。暫くあつて音楽を奏する事あり。其の後八大龍王の第一娑伽羅龍王、八万四千の眷属を引連れ、玉座に直り給ふ。龍女も同じく玉座に直り給ふ。玉座に定まつて互の一礼事濃やかなり。時にさうくわんの龍女百味の珍膳を捧げ出る。龍王の御前に据ゑ、其の次には藤太、其の次には龍女に据ゑたり。其の飲食世の常ならす、服するに心よく、香しき事類なし。暫し有りて又金の盤に、●(サンズイに「亢」。補助漢字 区点=3874 16進=466A)●(補助漢字 区点=4117 16進=4931)の杯を据ゑ、銀の銚子に、天のこんずい盛りて出でたり。之も先づ龍王の飲み初め給ふ事三度、其の後藤太の前に持ちて参る。藤太も同じく三度受けたり。其の味ひ天の甘露なれば申すにや及ばず、ふらんうつゝらが八万歳を経たりしも、此の酒の徳にこそ有りつらめと、いと有り難くぞ思はれける。酒宴の儀式日本には様変りて杯も廻らさず、思ひざしもなければ、只心のゆく程さし受け/\飲みけるなり。山海の珍菓を蓬莱の如くに積み上けて饗応し傅きける上に、様々の引出物をせられけるこそゆゝしけれ。藤太心に思ひけるは、「扠も斯程の楽しみは大梵皇帝の栄華と申すとも是れにや及ぶべき、斯程有り難き国土にも苦は侍るか。」と問ひ給へば、其の時龍王の御諚には、「中々の事申すにや及ぶ、天上の五衰、人間の八苦、龍宮の三熱とて、何れも苦のなき国は無し、就中此の国に年比重き苦患の侍りしを、御辺此の度神変を振ひ容易く滅亡し給ひける事、仏神の御助けに等しく有り難く覚え侍るなり、一死万生の悦びとは、然しながら是をぞ申すべき、この御恩は報じても報じ尽し難ければ、未来永々に限るまじ、御身の子孫のために、必ず恩を謝すべし。」と宣ひて、金札の鎧、同じく太刀一口取添へ、藤太に与へ給ふ。此の鎧を召し、此の剣を持つて朝敵を滅ぼし、将軍に任じ給ふべし。又赤銅の釣鐘一つ取出させ、此の突鐘と申すは昔大聖釈迦如来中天竺に出世し給ふ時、須達長者と申す人、祇園精舎を造りて仏に供養し奉りし時、無常院の鐘の音をば写したる鐘なれば、諸行無常と響くなり。此の鐘の声を聞く時は、無明煩悩忽ちに消滅し、菩提の岸に到るなり。斯かる不思議の重宝なれば、此の国に星霜年久しく保つと言へども、此の度の持物にこれも同じく奉る日本国の宝に為し給へ。」と宣ひければ、藤太此の由承り、「鎧剣は誠に家の宝なり、釣鐘の事はわれ武士の身なれば、さのみ望み申すには有らねども、由来を詳しく承れば、末代我が朝の宝何か是に勝らむ、これ猶以つて有り難し、さりながら斯程の重き釣鐘を、争でか賜はり帰るべしや是ぞ難儀なり。」と申されければ、其の時龍王微笑みて、「いみじくも申されたる物かな、弓矢を取つて強き者を滅ぼす手段こそ、方々には及ばずとも、斯様の物を持扱ふ事は、我が眷属の自由なり心にかけ給ふ事勿れ。」とて、乃ち異類異形の鱗輩に仰せて水中に引かされけり。既に時刻も移りければ、藤太心に思はれけるは、昔丹後の国与謝の郡水の江の浦島が子とやらむも、少女に遇ひて、偶然に此の常世の国に到りしに、かかる快楽に耽りつゝ往にしへ行く末を忘れて年を経る事三年なり、或る時故郷の恋しさに少女に暇を乞ひ、水江に帰りて見てあれば、住みし故郷も変り果て見知れる人も無き程に、斯く有るべしやはと訝しく、能く/\問へば、それ昔三百余年の事なりといふ人あるに驚きて、遂に空しくなると聞く、かかる例も有るぞかし。我は殊更朝家奉公の身なり、殊更故郷に年老いたる父母のましませば、時の間も見まほしく。」と、早々御暇を申されければ、龍神は猶も名残惜しげにて、様々の興を尽して慰め給ふ。
 去る程に龍女は俵藤太秀郷を様々に饗応し慰め給ひける程に、漸々時刻も移りければ、藤太は大王に暇を乞ひ龍宮を出でられける。海中をあよむ事刹那の程と覚ゆれば、勢多の橋にぞ著かれける。それより父の許に行き村雄朝臣に対面して、此の程の有様始めより委しく語り給へば、父母不思議の思ひをなし、斜ならずに悦び給ふ。「それに就き龍王の引出物に金作りの剣、金札の鎧、赤銅の釣鐘を賜はりたり。剣、鎧は武士の重宝なれば、末代子孫に相伝すべし、鐘は梵ぜんの物なれば俗の身に従へ詮もなし、三宝へ供養すべし、されば南郡へや奉らむ比叡山へや奉らむ。」と申されければ、父の朝臣此の由を聞きて、「実にも誠に一々の稀代重宝なり、中にも彼の突鍾を精舎に寄進し奉り、当来の値遇を祈らむこそ有り難けれ、諸仏菩薩の御内証何れも一体方便と言ひながら、殊更三井寺の本尊へ奉り給へ、それを如何にといふに、一つは当国なり、又彼の寺の鎮守新羅大明神と申すは弓矢神にて坐せば、子孫の武芸を祈るべし。扠又彼の寺の御本尊は弥勒薩●(ツチヘンに「垂」。補助漢字 区点=2384 16進=3774)にて坐す。此の度の功徳によりて、五十六億七千万歳三会の暁、慈尊の出世の御時、見仏聞法の結縁となるべし、其の上南都も北嶺も突鐘既に成就せり、彼の三井寺と申すに今に鳧鐘の響きもなし、速かに思ひ立ち給へ。」と有りしかば、藤太委細に承り、さらば三井寺へ参らすべしとて園城寺へ遣はさる。千常三井寺へ参り、時の長史大僧正に謁して件の趣申しける。
 僧正大いに悦び給ひて、寺中の衆徒達を会合し僉議まち/\なり。僧正仰せけるやうは「当寺は伽藍草創の後大檀那繁昌して、仏法最中の道場なれば、鳧鐘の響は心に任せて、龍宮より取りて帰りし鐘なれば、天下無双の重宝、末代の名誉なり、兎角の沙汰に及ばず報謝を受け給ふべし。」とありしかば、満座の大衆一同に皆尤もと領承し、「吉日を選んで彼の釣鐘を寄進し給へ、即ち供養をなすべし。」とて千常をば返されける。藤太此の由承り唐崎の濱へ行き見れば、夜の間に龍宮より上げ給ふと思しくて、件の釣鐘坐す。是より三井寺へ引きつけむには、数多の人夫を持ちたまはずば、容易く引きつくまじと案じける処に、明日供養と相定めし今宵、海より小さき蛇来りて、彼の釣鐘の龍頭を銜へ、大講堂の大庭までいと易く引きつけて、掻消すやうに失せにけり。僧正大衆達も奇異の思ひをなし給へり。去る程に園城寺には龍宮より釣鐘上りつく、今日供養し給ふ由兼ねて諸国に聞えしかば、近国は申すに及ばず、遠国の道俗男女、我劣らじと参詣す。都よりは殊に程近ければ、貴賤老若群集してけり。時の関白、大臣、公卿、女院、御息所、女御、更衣に至るまで、三会の暁慈尊出世の結縁の為と思しければ、道場に車を軋らし、仏前に踵をつきて、五障の雲を霽らし給ふ。既に時刻にもなりしかば、乃ち供養の儀式厳重也。当寺導師は当寺の長吏大僧正、しゆぐわんは天台座主とぞ聞えし。其の外諸寺の明徳碩学数千人会座に連なり給ふ。導師高座に上り、発願の鐘打鳴らし、「秀郷の朝臣この善根に応へて、今生にては無比の楽しみを極め、来世にては上品蓮台に生れ、乃至七世の父母速かに三界の苦輪を出でて、天上の快楽を極め、法界衆生平等利益出離生死頓生菩提。」と、回向の聴聞有り難く、皆感涙をぞ流しける。
 聴聞の道俗押並べて随喜の涙を流しけり。有り難や此の鐘と申すは、祇園精舎の無常院に響くなり、諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽の四句の音を写されたれば、これを聞く人おしなべて、無明長夜の夢を醒し、発心菩提の岸に到る。誠に末代不思議の奇特なり。抑当寺草創の濫觴をとぶらへば、昔人皇三十九代天智天皇の御時、此の湖に近き大津に郡を移したまふ。爰に帝御夢の告げましますにより、皇子大友の太子に詔して、楽浪や志賀の花園に霊地を占め、一の伽藍を建立し、丈六の弥勒薩●(ツチヘンに「垂」。補助漢字 区点=2384 16進=3774)を安置せらる、其の名を寿福寺と号す。其の後皇子大友事に遇うて崩れ給ひしかば、その御子与多王帝へ奏し申しつゝ、彼の寺を移して、父の家跡に造りつゝ、園城寺と改め給ふ。此の寺の傍に清潔なる岩井の水あり、此の水を持つて、天智、天武、持統三代の帝の御産湯に用ゐる故に御井寺とは申すなり。斯くて星霜を経る事漸く二百年に垂んたり。暗に智証大師と申して有徳碩学の名僧まします、此の人は弘法大師の御甥讃州那賀郡の住人宅成の嫡男也。竹馬の比よりも其の相世人に勝れ、両の御眼に各瞳二つぞおはします。御年十四にて都に入り給ふ。十五歳にて叡山に登り、天台座主義真和尚の門弟として髪を剃り、三密瑜伽の道場の中に、一乗円頓の教法を極め給ふ。其の後仁寿三年の秋の比、求法の為に入唐し給ふ所に、悪風俄に吹き来つて、海上の御船忽ちに覆らむとせし時、大師舷に立出でて十方を一礼し誓請を為し給へば、仏法護持の不動明王金色の身相を現じ船の舳に立ち給ふ。又新羅大明神目前船の艫に化現して、自ら舵を取り給ふ。是によつて御船恙なく明州の津につきにけり。御在唐六年の其の間、国清寺の物外、開元寺の良●(「壻」のツチヘンの代りにゴンベン。補助漢字 区点=6215 16進=5E2F)、青龍寺大徳、興善寺の智慧輪、斯かる明徳高僧に顕密の奥義を学び、玄旨を極めたまひつゝ、天安二年にいたつて御帰朝まし/\けり。斯くて御法流盛んにして、一朝の綱領四海の倚頼として宝祚の護持を為し給ふ程に、帝より詔して園城寺を賜はりけり。大師園城寺に入らせ給ふ時、一人の老僧立出でて名告りて曰く、「我はこれ教待和尚と言ふ者なり、此の寺に住して大師を待つ事二百余歳。」と言ひ終つて、四至のけんけいを授けて、虚空をさして飛び去りぬ。大師は奇異の思ひをなし、此の寺に住持して真言秘密の教法を行ひたまふ。大講堂は八間四面、三重一基の宝塔、七間四面の阿弥陀堂、四足一宇の宝殿には山王権現勧請す。唐本の一切経七千余巻をば、広院にこめ給ふ。其の外今熊野御社護法善神の御拝殿、普賢堂、青龍院、尊星王塔、大法院、四面の廻廊、十二間の五輪院、総て堂舍の数は六百三十余、仏の数は二千体、清浄堅固の霊地なれば、大師此の寺の井花の水を汲んで、三部灌頂の閼伽として、慈尊三会の暁を待ちたまふ故に、三井寺とは申すとかや。斯程めでたき道揚、如何なる事の仔細によつて回禄に及ぶぞといへば、彼の大師御入滅まし/\て後、御門徒の大衆、戒壇興隆の事を申し行ひしによつて、山門の大衆嗷訴をなし、柔和忍辱の衣を著し、志賀唐崎に駆け合うて、或は討たれ、組んで落ち、道場に血をあへし修羅の巷と為す事は、法滅の基と浅ましかりし事どもなり。


    下

 扠も俵藤太秀郷は、下野の国に居住して、国中を治めしかば、其の勢近国に振ひけり。斯かりける所に下総の国相馬の郡に将門といふ人あり。此の人は桓武天皇の御裔葛原の親王には四代の孫、鎮守府の将軍良将が子なり。承平五年二月伯父常陸の大椽国香を討つて勢漸く八州を呑み、相馬の郡磯橋を限りて王城を構へ、我が身自らは新皇と号し、百臣を召使ふ。舎弟御廚の三郎将頼をば下野守、同次郎大葦原の将平をば上野介、同五郎将為をば伊豆守、多治見の経明をば常陸介、藤原の春道をば上総守、藤原の興世をば安房守、文屋のよしかねをば相模守に赴任せしむ。斯くて大軍を催して帝都へ打ちて上り、日本国の主となるべしとて、其の催し有りけるを、藤太秀郷熟々と聞きて、「実にも誠に大剛の勇士なる上、猛勢を靡け従へり、此の人に同心し、日本国を半分づゝ管領せばや。」と思ひて、相馬の郡に下りけり。彼処にも著きしかば、館へ人を差遣はし、「下野の国の住人俵藤太秀郷御れうの御目にかゝり申し度事侍りて、これまで参りて候。」と申しければ、禁門警固の侍某、此の由を将門に申上げけり。折節将門は髪を見出し梳りて居給ひしが、如何思しけむ取敢ず大童にて、而も白衣の儘にて中門に出合ひ、秀郷に対面し給ふ。元来藤太は目賢き人なれば、此の有様を見留めて、はか/゛\しからずと思ふ所に、将門秀郷を饗さむ為に、椀飯を掻据ゑて是を羞む。将門の食ひ給ふ御料、袴の上に落ち散りけるを自ら払ひ拭はれたり。藤太心中に思ふ様、「是は偏に卑しき民の振舞なり、さて余り軽忽至極なれば、日本の主とならむ事、思ひも寄らぬ事なるべし。」と、初対面に心変りし、申し語らふべき言葉も出さず、疎み果ててぞ帰りける。それよりも秀郷は夜を日についで都に上り、案内申して奏聞申しける様は、「相馬の小次郎将門が叛逆を企て、東八箇国を横領し、剰へ軍勢を催し王城へ討つて上るべしと結構仕り侍るなり、速かに追討使を下さるべし、若し事緩急に及ばば、ゆゝしき朝家の御大事と罷り成り候べし、それに就き候ては、秀郷が身不肖に候へども、一方の大将をも宣下せられ候はば、兎も角も謀を廻らし、誅伐仕るべき由。」申しければ、帝大きに篤かせ給ひて、公卿殿上人を召され、「此の事は如何あるべしとの僉議まち/\なり。其の上将門叛逆の事、東国より重ねて奏聞申しければ、「此の上は猶予すべからず、秀郷は東国の案内を存じたる者なれば、先づ彼を討手に差下され、其の後大勢の討手を遣はさるべきか。」と有りしかば、此の議尤も然るべしとて、乃ち藤太を禁庭に召され、「今度梟賊追伐の事、然しなから汝が謀を頼み思召すなり、急ぎ罷り下りて、能く/\手段を廻らし、逆臣を誅伐し、君豊かに民安からしめよ、軍功は功によるべし、如何様諸軍勢を重ねて後より下さるべし、汝は夜を目につぎて急ぎ下るべし。」と宣へば、藤太宣旨を承り、弓矢の面目何事か是に若かむ。」と、勇みをなして退出す。さらば時刻を廻らさず急ぎ下るべしとて、都をばまだ夜をこめて白川や、栗田口をも打過ぎて、日岡峠に差掛れば夜はほの/゛\と明けにけり。四の宮河原を余所に見て、関の山路に差掛り、三井寺に参りつゝ、講堂の御前に頭を傾け、「南無や弥勒大菩薩、此度もし秀郷が敵の為に討たるゝとも、頼みを掛けし一念の功力によりて、三悪道に返し給ふな。」と祈念し、それより新羅大明神の御前に参り、帰命頂礼大明神、願はくは藤太が諜に御力を添へられ、難なく敵を打平らげ、君も豊かに民栄え、国土安全長久の御世と為し給へ、然らば我々が一門永く当社の氏子となつて、社頭に頭を傾け奉るべし。」と、丹心の誠を抽んでて暫く祈り給へば、誠に神慮も御納受まし/\、御風なうして御前の斗帳も揺き、左右に向へる獅子狛犬も動く気色に見えければ、藤太有り難く尊く覚えて信心再拝す。それよりも藤太は駒に鞭を打つて、東国指して下りける。去る程に内裏には公卿僉議まし/\て、「今度将門が乱逆について、神仏の擁護を頼まずば、速かに静謐すべからず。」とて、諸寺諸山の碩徳に仰せて、調伏の法行はせられ給ふべしとて、先づ天台座主法性房の阿闍梨尊意僧正は比叡山に壇を構へ、大威徳の法を行はる。金剛寺の浄蔵貴所は横川に壇を構へて、降三世の法を行はる。根本中堂には碩徳ごんまを焚き、美作の明達は、神宮寺に壇を構へて、四天王の法を行はる。これ皆朝家有験碩徳なれば、行法何れも成就して、朝敵滅亡疑ひあらじと、頼もしくぞ覚えける。斯くて東国の討手には源平両家伊氏族の中に、文武二道の器量を選んで、大将軍の宣旨を下され、せつとを賜はるべしとて、先づ宇治の民部卿藤原の忠文を召さる。又鎮守府の将軍国香が嫡男上平太貞盛父がぶようをついで、殊更多勢の者なれば、副将軍にぞ召されつる。それ将軍にせつとを賜はり、外土へ赴くには、定まれる儀式の侍れば、主上南殿に出御なる。関白殿はおのの殿に出でさせ給ふ。大臣は九條殿、其の外大納言中納言八座七弁諸司八省、階に陣を張り、中儀の節会を行はれ、せつとを出さる。時に大将軍副将軍威儀を正しくして参内し、礼儀をなして是を賜はり、弓場殿の南の小門より揺いて出らるゝ、厳めしかりし有様なり。
 時は朱雀院の御宇、天慶二年正月十八日巳午の刻の事なるに、今日諸大将朝敵追伐の為に、東国へ発向せらるゝ由聞えしかば、近き辺は申すにや及ぶ、遠国他国の道俗男女上下聞き及ぶに従つて、袖を連ね踵をついで、我も/\と巷に群集す。都をこの平安城へ移されてより以来、未だ四海の激浪もなければ、武士は弓矢を知らざるが如し、今初めて干戈を動かす珍らしさに、馬、物具、太刀、刀、辺も輝くばかりに出立ちければ、何れもゆゝしき見物なり。路次に少しも障りなければ、多くの難所を馳せ越えて、やう/\二月の初めには駿河の国清見ケ関に著きにけり。此処にして大将忠文は暫く休らひ、富士の絶景、三保の入海、田子の浦の眺望を見物し給ふ折節、清原のしけふちといへる者、つくり大将軍にて侍りしが、此の浦の有様を感じて、「漁舟の火の影はすさまじうして波を焼く、駅路の鈴の声夜山を過ぐ。」と作られければ、大将も士卒も感涙をなして、喜びの袖を濡らしたまふ。茲に副将軍平の貞盛は、家の子郎従を近づけ、「汝等は何とか思ふ、かくて大軍と同じく路次に日数を経るならば、大事のせんには遇ふべからず、殊更此の将門は朝敵たる上に、我が身の為には親の敵なれば、自余に抽んでて、勝負を決せずしては叶はぬ儀なり、彼の藤太は謀賢き者なるが、先陣に向うたり、若し彼一人の高名となしなば、我等弓矢の瑕瑾なるべし、然る時は悔ゆとも益あらじ、いざや此処を馳せ過ぎて、夜を日につぎて藤太が勢に加はらむ。」と宣へば、兵共、「実にも此の儀尤もなり。」と申して、駒を早め打ちにける程に、足柄箱根のさかしき山路を、朧月夜にたど/\と駒に任せて急ぎけり。
 去る程に平の貞盛は、官兵二千余騎を従へ、足柄箱根を夜の中に打越え、天慶九年二月十三日と申すには、武蔵野に著きにけり。こゝにして秀郷の勢と合はせて三千余騎、利根川を打渡して、明くれば二月十四日下総の国磯橋に陣を取る。将門此の由聞くよりも、我が城へ入らせては叶ふまじとて、舎弟下野守将頼、同じく大葦原の四郎将平に、上総常陸の勢四千余騎を相添へ、同じ日の午の刻に辛島の郡北山といふ所に出して陣を取らる。貞盛敵の陣に馳せ寄せ、大音揚げて申す様、「只今爰に進み出でたる兵を、如何なる者とか思ふらむ、近くは目にも見よ、遠からむ者は音にも聞け、人王五十代の帝の後胤鎮守府の将軍平の国香が一男上平太貞盛なり、梟賊の乱逆を静めむ為に、一天の君の宣旨を蒙り、只今爰に向うたり、土も木も我が大君の国なれば、伺処か兇徒の住処ならむ、速かに弓を伏せ兜を脱いで、君の御方に参るべし。」と呼ばはりけり。将頼聞いて呵々と打笑ひ、「正しき兄弟を捨てて君に参らば、忠臣とや申すべき、聖代の昔は王位も重くましますらむ、当時将門の威勢に、十善の君と申すとも、争でかたいようし給ふべき、かつうは軍神の御手向に、只一矢受けて見給へ。」といふ儘に、五人張に十五束、剣のやうに磨いたるを取つて、からりと打番ひかなぐり放ちに放ちけり。胸板に弦や塞かれけむ、思ふ矢壺には中らず、貞盛が乗つたる馬の三途に中つてつと負けにけり。馬は屏風を反す如くに倒れければ、貞盛は副馬に乗つたりけり。将頼一の矢を射損じ、安からず思へば、三尺八寸の打物抜いて貞盛を目に掛けて打つて掛る。官軍には貞盛の兄弟村岡の二郎忠頼、同三郎頼高、余五の維盛維茂なんどとて、一人当千の兵三百余人打つて掛る。敵の方よりも将頼討たすなとて常陸守つるもち、武蔵守興世、坂上の近高以下の兵一万余騎、我も/\と攻め戦ふ程に、山河草木動揺して、ゆゝしかりし有様なり。平親王将門は此の由を聞召し、「左程の奴輩を我が領内に引入れて、駒の蹄をかけさするこそ奇怪なれ、斯様の奴輩を一々に首切つて捨てむ。」とて、御著長を召されつゝ、葦毛の馬に打乗つて、鞭を揚げて出で給ふ、その有様殊に世の常ならず、身長は七尺に余りて、五体は悉く鉄なり、左の御眼に瞳二つあり。将門に相も変らぬ人体同じく六人あり。されば何れを将門と見分けたる者は無かりけり。将軍打つて出で給へば、将武、将為以下の軍兵一千余人前後左右に従ひ、寄手の真中へ会釈もなく打つて入る其の気色、魯陽が日を返し、項王が三将を靡けし勢ひにも越えたれば、面を合はする敵もなし。されば未の時より申の刻に及ぶまで、討たるゝ官軍八十余人、疵を蒙る者数百人、其の外半落ち失せて、今は戦ふに術無かりしかば、貞盛は後陣を待ちて戦はむと思ひ、其の夜武蔵の国へ引退きぬ。将門は元来驕れる人なれば、官軍を欺き、何程の事か有るべしとて、そのまゝ逃ぐるをも追はず、勝鬨を作りて城の中へぞ入り給ふ。
 さる程に藤太秀郷は、将門の有様を見て、是は人間の振舞には有らず、日本国を合はせて戦ふとも、此の人に勝負をせむ事は叶ふまじ、元より将門は謀短かうして智恵浅き人と聞けば如何にも方便を廻らし、たばかり討たむには如かじと思ひ、貞盛に能/\言ひ合はせ、自らは只一人相馬の館へ行かれけり。将門は藤太に対面して様々に饗応さるゝ。藤太諂ひて申す様、「君の御有様を見るに、誠に四天王の御勢ひにも越え給ふ、其の上正しく葛原の親王の御子孫にて坐せば、十善の位を践み給ふに憚りなし、一天四海を治め給はむ事程近く候べし、物の数に候はねども、此の藤太が身をも一方の御役に召使はれ候はば、弓矢の本意にて候べし。」と誠しかやにやしければ、将門心浅く悦びて申さるゝ、「殊に各のカを頼んで一天を治め侍り、先祖のぶきうを耀かさむと思ふなり、御辺とても先祖を問へば正しく淡海公の流れぞかし、国土太平の後は、君臣和合の政を為すべし。」とて、数献の興に及びけり。理なるかな、将門は我が身悉く金体なり、敵にあうて恐るゝ所無ければ、今藤太が来るをも憚り給はぬは、兎角申すに及ばず、運命の末と浅ましかりし有様なり。藤太は館の南なる寝殿を預りつゝ、朝夕許り出仕しけり。或る時藤太内侍へ出でたりしに、年の齢は二十許りと覚えし上臈の、優に艶しきが、西の対の簾中より見出し給ふ事あり。藤太此の有様を一目見参らせ、夢現やる方かたなく、そゞろに覚えければ、宿所に帰りて前後を知らず臥したりけり。是や誠に夏の虫の焔に身を焦す思ひなれば、由なかりける恋路なりと思ひ返せど、さすがに猶そよと見染めし顔容の忘れもやらず苦しければ、せめては斯くと知らせなば、死ぬる命も惜しからじと、思ひ沈みて居たりけり。爰にまた時雨と申して館より通ひ物する女房あり、秀郷の許に来りて言ふ様は、「御有様を見参らするに、徒事とも覚えず、思召す事あらば、妾に仰せられ候へかし、力に叶ふ事ならば叶へ奉るべし、御心を置かせ給ふなよ。」と懇に申すなり。藤太此の由聞きて嬉しくも問ひ寄る物かな、人の心はいさしら雪の余所にして、わり無き事を語り出し、とても叶はぬ物故に、身を亡き物と成し果てなば、後代の嘲りなるべしと思ひ廻らしけるが、まて暫し我が心誰か百年の齢を越えし人やある、露とならば閣浮の塵、秋の鹿の笛に寄るも、妻恋ふ故ぞかし、我も此の人故と思はば、捨つる命も惜しからじと思ひ定めつゝ、起き来りて私語きけるは、「恥かしや、思ひ内にあれば色外に現はるゝとは斯様の例や申すらむ、自らが思ひの種をば如何なる事とか申すらむ、日外御前へ参りし御局の、簾中より見出されたる上臈の、御立姿を一目見しより恋の病となり、死生定めぬ我が身の風情、誰か哀れと問ふべきや。」と●(サンズイに「朮」「朮」「月」。第2水準 区点=6306 16進=5F26)然と泣きければ、時雨此の由聞きて、偽りならぬ思ひの色哀れに思ひ、「さればこそ自らが賢くも見知り参らせたるものかな、其の御事は我が主の御乳母子にておはします小宰相の御方にてましますなり、色には人の染む事もあり、思召す言の葉あらば、一筆遊ばし給はれかし、参らせて見む。」と言へば、藤太いと嬉しくて、取る手も薫る許りなる紫の薄様に、中々言葉は無くて、
  恋ひ死なばやすかりぬべき露の身のあふを限りにながからへぞする
と書きて、引結びて渡しけり。時雨この玉章を取りて、小宰相の御方へ持ちて参り、「是々の物を拾ひて候、読みて給はれ。」と申しければ、小宰相何心もなく開きて見給ひつゝ、「これは忍ぶ恋の心を詠める歌なり。」と仰せられければ、時雨さし寄りて、「何をか包み申すべき、云々の方より神前へ捧げ奉り、一筆の御返事をも伺ひて得させよと頼むに辞み難くて恐れながら捧げ奉るなり、何かは苦しう候べき、笹の小笹の露の間の御情はあれかし。」と侘ぷれば、女房顔打赤めて、中々物も宣はず、時雨重ねて申す様、「夷心の分く方なくて恋ひ死なば、長き世の御物思ひとなるべし、天竺のじゆつばが后を恋ひ、思ひの焔に身を焦しける例思し知らずや。」と、漸うに言ひ慰むる程に、女房も流石岩木にあらねば、人の思ひの積りなば、末如何ならむと悲しくて、かの玉章の端に、一筆書きて引結びて出されたり。時雨嬉しく思ひて、やがて藤太の許に来りて渡しけり。藤太取る手もたど/\しく開きて見れば、
  人はいさかはるも知らでいかばかり心のすゑをとげて契らむ
と遊ばしけるを見て、喜ぷ事は限りなし。それより忍び/\に参りつゝ、わりなき中とぞなりにけり。此の事深く包隠しければ、御所中に知る人更になし。去る程に平親王将門常に此の女房の扮装御覧じて、御心に染みて思しければ、時々は此の御局へは通せ給ふが、折節親王此の局におはしける時、秀郷参り合うたり。怪しく思うて物の隙間より窺ひ見れば、同じ男体の上臈束帯にて七人ひとしく座し給ふ。こは不思議の事かなと思うて、其の夜は帰りけり。明の夜また御局へ参りて、様々に睦まじき事も言ひかはして後、藤太、「扠も過ぎし夜この御局に人音のしけるを、誰人やらむと差寄りて、物の隙より見てあれば、さしも気高き上臈のおはしまして候は、誰人やらむ。」と問はれければ、小宰相、「それこそ将門の君にておはしませ、見紛ひたまふにや。」と宣へば、藤太重ねて申す様、「殿ならば只御一人こそおはすべけれ、同じ体配の上臈七人見えおはしつるこそ不思議なれ。」と申す時に、小宰相、「扠は未だ知召さずや、殿は世の常に越え、御形は一人なれども、御影の六体まします故に、人目には七人に見え給ふなり。」藤太奇異の思ひをなし、「さて御本体には御見知りの候や。」と間はれて、女房、「夢現人に語らぬ事なれども、御身なれば申すなり、うはの空に思召し、他人に漏し給ふなよ、かの将門は御形七人にて、御振舞かはる事なしと雖も、本体には日に向ひ、燈火に向ふ時、御影映り給ふ、六体には影なし、扠又御身体悉く金なりと雖も、御耳の側に、蟀谷といふ所こそ、肉身なり。」と語らせ給へば、藤太よくよく聞きて、「天晴大事をも聞きつる物かな」是こそ誠に我が生国の大明神御託宣にてあるべし。」と、いと有難くて、そなたの方に向つて、祈念の気色をしたりけり。扠は此の後将門を、只一矢に射伏せむ事は、案の内と思ひとり、其の後は夜な/\彼の御局へまゐるには、竊に弓と矢を挟み忍び窺ひけり。案の如く又将門彼の御局へ入らせ給うて、打解けて御物語などし給へり。藤太物の隙より能く/\見れば、実にも六人には燈火に映る影もなし、本体には影のありと言ふについて」目を澄まし見れば、時々彼の蟀谷といふ所動きけり。藤太天晴幸がなと弓と矢を打番ひ、ひようと射たりけり。元来秀郷は精兵の巧手、養由が百歩の芸にも越えたる上、矢頃は間近し、何かは以て射損ずべき、小耳の根と思ふ所を彼方へづんと射通しければ、さしもに猛き将門も仰向に倒れて空しくなれば、残る六人の形も電光石火の如くにて光と共に失せにけり。
 さる程に将門亡びぬれば、貞盛秀郷は悦びの眉を開き、打取る処の首並に捕虜共を召し連れ、さゞめかいて上らる、威勢の程こそゆゝしけれ。道遠ければ、王城へは誠の左右は未だ聞えず、官軍は戦に打負け、将門はすでに帝都へ攻入るなどと聞えければ、主上大きに驚かせ給ひつゝ、諸寺諸山に勅使立て、調伏の法頻りに行ふべき由、宣下せらるゝ。中にも八坂の浄蔵貴所は、「今度将門が攻上るといふ事は、全くもつて虚言なるべし、若しさもなくば、、法験徒事なるべし、但し彼の首の上り候にや。」と敕答申されけるが、果して四月二十五日、貞盛秀郷の両人、将門の首を持ちて上洛せられけり。これによつて君も御物思ひを安められ、臣も悦び勇みつゝ、一天四海の人民安堵の思ひをなしたりけり。則ち検非違使を遣はされ、将門以下の首受取らせて、大路を渡し左の獄門の木に懸けさせけるに、将門一人の首は、未だ眼も枯れず、色も変ぜず、時々は切歯をなして怒る景色なり、恐ろしといふばかりなり。これを或従者の者が見て、
  将門はこめかみよりも射られけりたはら藤太がはかりごとにて
と詠みければ、此の首呵々と笑ひて、其の後色も変じ、眼も閉がりけるとかや。
 さる程に内裏には、公卿、殿上人参内し給ひて、今度兇徒退治につき、恩賞を行はる。僧衆には尊意僧正、僧都浄蔵貴所なり。これ皆武士の賞に抽んでらるゝには、平の貞盛無位より正五位上に任じて将門に任ずべき由の宣旨を下され、藤原の秀郷は従四位下に任じて、武蔵下野両国を賜はり、貞盛秀郷の両人を召されて、宣旨を賜はる。儀式誠にゆゝしさ、子々孫々弓矢の面目とぞ見えし。
 さても俵藤太秀郷は宣旨を頂戴し、一門を引具して、下野に下りつゝ、本領に安堵し給ふ。其の繁昌は月日に増りて、門外に駒の立所もなく、堂上に酒宴の暇もなし。国中の万民忠ある者をば、望まざるに過分の恩賞を当て行はる。罪ある者をば、速かに是を懲らさしめ、賞罰正しければ、人の懐き従ふ事際限もなかりけり。其の上子孫もゆゝしくて、後将軍に任ず。次に小山の二郎、字郡宮の三郎、足利の四郎、結城の五郎なんどとて、男子数十人に及べり、厳めしかりし栄華なり。
 抑俵藤太秀郷の将門を打亡ぼし、東国に威勢を施し給ふこと、偏に龍神の擁護し給ふなるべし。それを如何にと申すに、龍神は女人に変化し給ふなれば、彼の小宰相の御局又時雨と申す女房、いさしら雲の余所にして、秀郷大切に可愛しみ、大事を語り聞かせて、高名を極めさせし事、能く/\思へば、彼の女の心に龍神入り代り給ふか、覚束なし。其の上三井寺の御本尊弥勒薩●の御恵み深き故、子孫の繁昌相続す。日本六十余州に弓矢を取りて、藤原と名告る家、おそらくば秀郷の後胤たらぬは無かるべし。厳めしかりし例なり。


---------------

はじめにもどる 室町物語(御伽草子)のリストにもどる

深沢秋男 MAIL: fwjc9389@mb.infoweb.ne.jp
菊池真一 MAIL: kikuchi@konan-wu.ac.jp